August 12, 2012

一言だけ。。。

小売業には「合理的理由に基づかない、小売業の一方的な都合による価格や制度の改定」は一切無いとでも言うつもりか。

立場上デリケートな問題でスルーする方がベターなのだが、全く腑に落ちないので一言だけ。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2012

改めて・・・

極めて解せません。。。

<大手卸売り3社に警告 ビール不当廉売で公取委>
産経新聞 http://sankei.jp.msn.com 2012年8月1日

 公正取引委員会は1日、大手スーパー、イオンに、原価を下回る価格でビール類を納入していたとして、三菱食品、伊藤忠食品、日本酒類販売の大手卸売り3社に、独占禁止法違反の疑いで、不当廉売をやめるよう警告した。酒類の不当廉売をめぐる卸売業者への警告は初めて。同時に公取委は、イオンとキリンビールなどビール大手4社に対し、卸売業者から値上げなど取引条件変更の申し入れがあった場合は協議するよう要請した。

 卸売り3社は平成21年1月から、ビールと発泡酒、計10弱の銘柄を原価を下回る価格でイオンに納入。イオン周辺の中小酒販店が価格競争で不利になっていた。メーカーによる販売奨励金(リベート)が国税庁などの指導で18年に廃止されたため、3社がイオンに値上げを要請。イオンが拒否したため原価割れで販売していた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2012

そして・・・

ますます解せません。。。

<イオン、ビール値上げ拒否 不当廉売問題で「原価割れ要請してない」>
産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/ 2012年7月.23日

 酒の卸売り大手3社が、大手スーパーのイオンに原価よりも安い値段でビール類を卸売りしていたとされる問題で、イオンの横尾博専務執行役は23日、都内で記者会見し「(公正取引委員会から協力要請があっても)仕入れ価格の値上げに応じる意向はない」とする見解を示した。

 この問題で公取委は、酒の卸売り大手の伊藤忠食品、三菱食品、日本酒類販売の3社に対し、独禁法違反(不当廉売)の疑いで警告する方針。公取委は、イオンにも、仕入れ価格の値上げなどに関して協力要請をする見通しだ。

 イオンは「卸売り3社に対して原価を下回る価格での納入を要請した事実はない」とした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2012

・・・

どうも腑に落ちません・・・

<酒卸大手3社に警告へ イオン向けにビール不当廉売容疑で公取委>
産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/ 2012年7月21日

 スーパー大手のイオンに原価よりも著しく安い値段でビール類を卸売りしていたとして、公正取引委員会が酒の卸売り大手の伊藤忠食品、三菱食品、日本酒類販売(いずれも東京)の3社に独禁法違反(不当廉売)の疑いで警告する方針を固めたことが20日、分かった。イオン周辺の小売店が価格競争で不利になり、営業に影響を生じさせた疑いがあったという。イオン側は原価割れで販売しておらず、違反にはならない。

 警告は、排除措置命令などの法的措置を取る証拠が得られなかった場合でも、違反の疑いがあれば行為をやめるよう命じることができる行政指導。不当廉売は注意で終わるケースが大半でより重い警告になるのは珍しい。関係者によると、3社は数年前から全国のイオンに卸している一部のビール類を、仕入れ値や人件費などを含めた原価を大きく下回る価格で販売した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2011

PBの台頭

PBが市場開発型の商品を出したのなら、素直に脱帽しよう。
結局はNB(ナショナルブランド)の売れている商品と同じようなコンセプトを低価格で追随してスキミングしていることは否定できないだろう。

価値が創出された分野を価格で消耗していく。
それでいながら業界全体の市場規模縮小をメーカーの努力不足と断言するのは、ちょっとメーカーの視点からは頷けない。

ただ、必ずしも業界の常識が世間の常識ではないことを自覚し、自己変革が必要であることもまた事実だろう。

<PBビール大手に攻勢…小売り各社、低価格で>
読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/ 2011年8月9日

 小売り大手が、プライベートブランド(PB)のビール類で攻勢を強めている。国内の市場が縮小傾向となる中、低価格を武器に売り上げを伸ばしており、ビール大手との競争激化が予想される。

 イオンは8日、「トップバリュ バーリアルラガービール」を9日から発売すると発表した。PBのビール類はこれまで「第3のビール」が中心で、バーリアルは国内初のPBビールとなる。ビール大手の商品より2~3割安い158円(350ミリ・リットル缶)を武器に年間1億缶の販売を目指す。

 低価格は韓国メーカーに製造を委託したり、独自の流通網で輸送コストを削減したりして実現した。堀井健治・トップバリュ商品本部長は8日の記者会見で、「従来の(ビール)業界の常識を見直す時期に来ている」と強調した。

 ダイエーが2007年に「ノイヴェルト」を、セブン&アイ・ホールディングスは09年に「ザ・ブリュー」をそれぞれ発売するなど、小売り各社は、第3のビールでPB商品に力を入れてきた。ホームセンター大手のカインズが10年8月に発売した「黄金」を含め、ビール大手の商品に比べ、1~4割程度安い。

 業界推計では、今年上半期(1~6月)に出荷されたPBの第3のビールは前年比7割増の700万ケースで、国内のビール類市場の3%超になる計算だ。

 PBの攻勢に、ビール大手からは「景気が落ち込む中、低価格のPBは一定の地位を築くだろう。ブランド力を磨いて対抗するしかない」との声が漏れている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2011

ビールの女王

特に若い方や女性のビール離れが顕著になっている中、何とも頼もしい嬉しいニュース。
しかも優勝者は連覇。
亭主は思わず膝まづきたくなってしまう。

<これが美しい飲みっぷり 大阪で「ビールの女王選定会」>
朝日新聞 http://www.asahi.com/ 2011年8月5日

 大阪・新世界の通天閣地下にあるホールで4日、ビールの美しい飲みっぷりを競う真夏の恒例行事「ビールの女王選定会」が開かれた。

 地元企業の女性ら約90人が参加。予選を勝ち抜いた10人が、あいさつの元気良さや、飲み干した後の笑顔でアピールした。

 堺市の会社員が初の連覇。うちわを手に「節電の夏はビールで乗り切ろう」と叫んだ。「職場の節電で汗をかき、飲む量が増えたおかげです」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2011

ビール離れに増税論議

震災の影響による出荷調整、確かにそれもある。
加えてそれを補うために流通のより安価な韓国産を中心とした輸入企画モノへのシフト。流通企業によっては企業内販売シェアの3割を超えるところも。

このような状況の下でそれを省いたシェア順位にどれだけニュース価値があるのか疑問だが、そんな状況だから1位かそうでないかの差は大きいとも言える。

そもそも総量で縮小傾向にあるのはずっと変わっていない。

最近とある大学生が実施したアンケートでビール嫌いが7割との数字だったと聞き、今更ながら愕然とした。
「苦味」は彼らは全く美味さとは認識していない。「苦味」はあくまでもゴーヤのように健康にプラスになるという担保がなければ受け入れないのだ。
今更ながら「苦味」は「良薬口に苦し」でしかないのか。
これがグルメの時代の味覚とは、亭主の世代としては到底受け入れられない。
味覚は間違いなく退化している。

じゃ、どういうビールなら飲めるのか?
結局、「苦味」ではなく「甘味」がたっていること、結局ビールのサイダー割りのようなものならという答え。
本当の美味さが廃れていく危機感に、やっぱり出てきた復興財源に酒税増税の議論。
せめて税収増だけを狙ってビール類に目をつけるのではなく、そもそもの酒類間の格差是正ぐらいはしっかりやって欲しいが、今の政権じゃねぇ。。。

<ビール類出荷:震災影響で上半期過去最低を更新>
毎日新聞 http://mainichi.jp/ 2011年7月12日

 ビール大手5社が12日に発表した11年上半期(1~6月)のビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)の出荷量は、前年同期比3.5%減の2億32万3000ケース(1ケースは大瓶20本換算)で、上半期としては2年連続で過去最低を更新した。国内市場の縮小傾向に加え、3月の東日本大震災による工場被災や計画停電で生産が減少したため。メーカー別シェアでは、アサヒビールが37.8%で上半期では2年連続で首位を守った。

 震災では、アサヒ、キリンビール、サッポロビールの東北、関東の工場が被災。計画停電や缶資材の供給不足などで3月に出荷量が10.9%減と大幅に落ち込んだのが響いた。構成比では、ビールが47.9%で上半期として過去最低を更新した一方、第3のビールは35.8%と過去最高。震災後の節約志向を反映したとみられる。

 メーカー別のシェアでは、2位がキリンで36.1%、3位がサントリー酒類で13.6%、4位はサッポロで11.6%だった。【谷多由】

<復興財源に酒税増税案、政府内で浮上>
読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/ 2011年7月12日

 東日本大震災の復興策の財源に、政府内で酒税の増税や携帯電話の「電波利用料」の引き上げ分を充てる案が浮上していることが11日、分かった。

 政府は週内にも関係閣僚会議を開いて臨時増税の議論を始める。10兆円を上回るとみられる復興財源の大半は所得税や法人税など「基幹税」の増税で賄う方向で、酒税や電波利用料は、これを補うものとなりそうだ。酒税は、ビールやワインなど酒の種類ごとに、量やアルコール度数に応じてメーカーや輸入業者に課税され、税金は小売価格に上乗せされている。財務省によると2010年度の税収は約1・4兆円で、うちビールが5割弱を占めて最も多い。

 電波利用料は、携帯電話の端末数や基地局数などに応じて、通信会社などが国に支払っている。総務省によると、09年度の利用料の総額は約643億円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2011

続・震災の影響

前のオヤジのアップから1ヶ月。
お客様にも広くお知らせしなければいけない状況になったということ。

流通段階では既に出荷調整や休売などが行われていたが、店頭で商品が無くなるまでのタイムラグは予想した以上に時間があったかもしれない。
それだけやはり酒類市場は震災による自粛の影響を受けている。

それにしても他業界はもとより自らの業界もまた、 一つの製品が仕上がるまでにいろいろな関わりがあることが、この1カ月余で今更ながら知ることとなった。
一つの資材が無いだけで全体に影響が出てしまうのだ。

当面の復旧が見えてきたとしても、今後のリスク管理をどうするのか、自動車や精密機器ばかりではない、酒類業界もまた対応を迫られていると思う。

<キリンビール9銘柄、販売一時休止…工場被災で>
読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/ 2011年4月21日

 キリンビールは21日、「クラシックラガー」「円熟」などのビール類8銘柄とノンアルコールビール「休む日のAlc.0.00%」の計9銘柄について、在庫がなくなり次第、販売を一時休止すると発表した。

 東日本大震災で仙台工場が被災したほか、缶資材が不足しているためだ。主力のビール「一番搾り」などは販売を続ける。

 販売を休止する銘柄は、ビール類の販売量の約1割を占める。一部の銘柄は5月中旬に出荷を再開する。

 アサヒビール、サントリー酒類、サッポロビールの3社も震災の影響で一部の銘柄の販売を休止している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2011

震災の影響

東北関東大震災なのか東日本大震災なのか。
気象庁のHPを見ると「東北地方太平洋沖地震」と命名されているそうだが、新聞の多くは東日本大震災と表記している。

いずれにしても地震の規模といい、その被害の大きさといい、まさに想像を絶するものだった。

キリン社、サッポロ社の仙台の工場が大きな被害を受けたのは言うまでも無いが、ビール工場だけでも各社福島県、茨城県、千葉県などの工場の設備の損傷や地盤の液状化で大きなダメージを受け、操業が止まった。復旧の目処が立っていない工場も少なくない。
また、設備的な被害が無くとも、東京電力の計画停電のためにフル稼働できない工場も首都圏にいくつかある。

特に被災地では酒類どころではないだろう。
被災地に限らず、様々な自粛ムードが拡がる中で影響は間接的に拡がってくるであろう。
資材調達、物流困難等からの生産の制約もさることながら、結果として消費量にブレーキがかかるに違いない。

ココをいかに乗り切るか。
適度な飲酒により、緊張を和らげ、人と人とのコミュニケーションを促進することができる酒類である。
各社のレベルではなく、業界全体で取り組むべき時だと感じる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2011

つぶやき

また4か月放置してしまった。

とりあえず店じまいはしないつもりだが、この先どうするかは思案しながら時間は確実に過ぎていく。

麦酒市場が確実に縮小している中で、相変わらず価格の下方志向も止まっていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«続々・消耗戦の行方