« ソフトオープン5日目:ビール・発泡酒とは違う商品? | Main | ソフトオープン8日目:競合他社品と歴史 »

August 22, 2004

ソフトオープン7日目:お酒を飲まない若者達

21日の朝日新聞の土曜日版の特集記事で最近の若者がお酒を飲まなくなってきていることを取り上げている。
亭主も、最近ワカモノが往来で吐きまくったり、泥酔でぶっ倒れたりしている光景を見ることが非常に少なくなったと感じている。亭主も若気の至りではないが、若い頃は飲む度に大いに吐いた。(汚い話で失礼!)つまり、加減を知らなかったといえばそれまでだが、オヤジとなった今では吐きこそしないが、二日酔いはまだまだやってしまう。
お酒を飲まなくなったワカモノは、そんな酔っ払いオヤジを見るのがいやだというだけでないらしい。とにかく「苦い」という味覚をおいしく感じないのが今の若者なのだ。典型は、キリンは苦いと嫌われることに十分覗える。亭主からすれば、苦くないビールなどビールではないと思うのだが。。。亭主は、この兆候を以前から「味覚の幼稚化」と懸念している。人間だけが「苦味」を旨さと感じられるというのに・・・。
と、ブツブツ言いながら、今日も亭主はビール(実は発泡酒)で旨い苦味を味わっている。

|

« ソフトオープン5日目:ビール・発泡酒とは違う商品? | Main | ソフトオープン8日目:競合他社品と歴史 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/1251152

Listed below are links to weblogs that reference ソフトオープン7日目:お酒を飲まない若者達:

« ソフトオープン5日目:ビール・発泡酒とは違う商品? | Main | ソフトオープン8日目:競合他社品と歴史 »