« ソフトオープン7日目:お酒を飲まない若者達 | Main | こんなもの »

August 23, 2004

ソフトオープン8日目:競合他社品と歴史

 昨日、A社のビールを飲んだ。「熟撰」という今年発売された業務用専門のプレミアムビール。業務用のみで壜だけでの発売は、恐らくオヤジのところのハートランドを意識しているのだろう。
 初めてなのでそれなりに期待したが、酸化臭に思わず日付をみると3月製造品だった。要するにお店では注文されていないのだ。
 ハートランドも苦い歴史を背負って10数年の歴史があって、今の独特のポジションがある。積み重ねた歴史には重みがある。追い付こうと考えても、この積み重ねだけはすぐには追いつける物ではない。歴史は敢えて捨てなければならない時、また捨てることで新しい歴史に踏み出すことができるが、歴史を積み重ね続けることで新たに得られる価値もある。
 どちらが正しいと言うつもりはない。ラガーには100年を越える歴史があり、A社のSDも振り返れば発売17年目になっている。今や、ビールは苦いとワカモノに飲まれなくなり、麦を使わないビール風飲料が席巻しているが、長い時間の流れで見ればどうなるか?ここを見極めることが重要だ。

|

« ソフトオープン7日目:お酒を飲まない若者達 | Main | こんなもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/1260724

Listed below are links to weblogs that reference ソフトオープン8日目:競合他社品と歴史:

« ソフトオープン7日目:お酒を飲まない若者達 | Main | こんなもの »