« さっぱり、スッキリGokunama | Main | 4つの天然水 »

September 18, 2004

のぞみで一杯(いや2本)

会議だ出張だとバタバタしていたら、あっという間に2日間空いてしまった。

おととい、出張のための上京時、時間は夕食時である。ホームの売店で一番搾りとクラシックラガーを買って乗り込む。車内で周囲をみると大抵のお客さんは1本だが、亭主はいつも2本。最初の1本は何も食べずに飲み切ってしまう。要するにただの飲兵衛。だから太る・・・というのも解っちゃいるけど止められない♪~

まずは一番搾りを飲み切る。今年、発売14年にして始めて中味がリニューアルされ、スムーズな喉越しが快適である。亭主はヤヤ物足りなさを感じるが、今の味覚嗜好の流れは間違いなくこっち。
そしてメシを喰いながら、2本目のクラシックラガー。一番搾りの後だけに、余計に特有の苦味を感じる。これを亭主のように「これがウマイんや!」と好む人と、極端な場合は飲みもせず、「キリン」というだけでこの苦味を嫌う人と、これも嗜好品ならでは、徐々に前者の人が少なくなっていくのは時代の流れとはいえ、残念っ。
newisclassiclager


|

« さっぱり、スッキリGokunama | Main | 4つの天然水 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/1462790

Listed below are links to weblogs that reference のぞみで一杯(いや2本):

« さっぱり、スッキリGokunama | Main | 4つの天然水 »