« 最近ガッカリしたこと | Main | ビールは苦くなきゃ。 »

September 01, 2004

改装オープン記念:アサヒスーパードライ

さて、グランドオープン(というには寂しいささやかさだが・・・)には、やはりこの商品に敬意を表さざるをえない。発売17年、今では日本のビールのスタンダードとして完全に定着した。お盆や年末などビールが強くなる時期に一段と商品力を発揮してビール内シェアが上がるところは、競合社に勤める亭主としては憎らしさを覚える一方で素直に脱帽してしまう面がある。
たまにお勉強のためと言い訳しながら、これを飲まざるをえない時がある。亭主にとっては、当然のことながらラガーの旨さに敵うものではないが、実は目隠しで飲むと恥ずかしながら結構間違える。どちらがどちらの味に近づけたのか、近づいたのか、かつての味覚特徴の対極はいまや限りなく近づいているに違いない。
そんなこたぁねぇぞと豪語するお客様。是非、一度目隠しでどっちがどっちか飲み分けてみてはいかが。きっと大いに迷いますぞ。それでも、多くのお客様はブランドを明らかにすると、こちらの方がスッキリしておいしい、やっぱりラガーは苦いとおっしゃるに違いない。これが「知覚品質」の難しさ・・・
ASD

|

« 最近ガッカリしたこと | Main | ビールは苦くなきゃ。 »

Comments

ビール飲みオヤジさま、グランドオープンおめでとうございます。
更新も順調そうですね。
このスーパードライの写真、小さくてカワイイ。。。
「知覚品質」という言葉は初めて聞きました。
ラガーとスーパードライ、今度目隠しして飲んでみます。

Posted by: tomo | September 02, 2004 at 02:03 PM

tomoさん、早速のご来店ありがとうございます。
店休日があまり多くならないよう気張ります。

目隠しの結果、是非教えてくださいね。

Posted by: ビール飲みオヤジ | September 02, 2004 at 03:06 PM

ビール飲みオヤジさん、こんにちは。
SDとラガーを目隠しで飲んでみました。
これってどうやって調査すればいいのでしょう?
私は普段ビールを飲まないのでそもそも名前と味が一致していないから、2種類飲んで各々の特徴を言いました。
一種類目:キレがある。苦い!
二種類目:苦くて甘くて味が太い感じ。
これってあんまり調査にならない?

友人には
一回目:SD-ラガー
二回目:SD-ラガー
三回目:ラガー-SD
それぞれ口直しにシャンパンを挟んで飲んでもらいました。
一、ニ回目は自信を持って答えていましたがさすがに三回目あたりになると不安そうでした(三回目まで終わってから結果を発表しました)。
全部当たってました。
調査方法はこれでよかったのでしょうか?

友人の話では、ラガーとSDは分かりやすいけど、マグナムドライとSDは自信がないとのことでした。
発泡酒とビールなのにそんなに分からないものなのかなぁ?

Posted by: tomo | September 08, 2004 at 04:09 PM

tomoさんにコメントが無い!と怒られてしまいました。
コメント遅くなりました。ごめんなさい。

特に目隠しのやり方があるわけではありません。銘柄を知らさずに飲んで銘柄を当てるだけのことです。
飲兵衛よりは、普段あまり飲まない人の方が意外と感覚は鋭くて違いがよく解ることもあるようです。

今回は恐らくどっちがラガーでどっちがSDとやりませんでしたか?
次に機会があれば、予めどちらの銘柄も明かさず、何の銘柄が置かれているのか解らない状態で、飲み比べてどっちがキレがある?とやってみてください。

では。

Posted by: ビール飲みオヤジ | September 19, 2004 at 01:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/1333903

Listed below are links to weblogs that reference 改装オープン記念:アサヒスーパードライ:

« 最近ガッカリしたこと | Main | ビールは苦くなきゃ。 »