« 改装オープン記念:アサヒスーパードライ | Main | ハイネケンがぶ飲み »

September 02, 2004

ビールは苦くなきゃ。

今日、店頭で作業をしていた亭主にお客様が「秋味」はビールか?とお問い合わせいただいた。
亭主は、「ビールですよ。麦芽をたっぷり使ったコクのあるビールです。ただ、苦味もその分強いので、スッキリしたものをお好みの方には向かないかもしれません。」とお答えすると、お客様は苦味があるからいい、普通はラガーの壜しか飲まないけど、試してみると6缶パック一つをお買い上げいただいた。

壜と缶では味が絶対違うと頑なに考えているお客様には、結構おめにかかる。特にラガーのお客様にそういった方が多い。いずれにしても苦いからおいしいという言葉は、亭主にとってうれしいお言葉。
04akiaji.JPG

|

« 改装オープン記念:アサヒスーパードライ | Main | ハイネケンがぶ飲み »

Comments

バスーン♪です。
今日は、久々に飲んでみたい気分になったので、会社の帰りにコンビニで「秋味」を買いました。小生は、晩酌をしませんが、たまに飲む時は、「極生」のファンです。「秋味」は、TVのCMが結構気に入っていたので、コンビニに行く前から決めていたのですが、なんとコンビニがセブンイレブン、つまりアサヒの「極」を共同開発したコンビニなわけで、その「極」が「秋味」の真上にディスプレイされてました。でも、結局は、値段ですよ。「秋味」は、208円、「極」は、250円でした。普段140円前後で発泡酒を飲む人間にとって、100円多く出してまでも、新しい製品に手を出すには、何か特別なインセンティブがない限り、近寄らないと思います。その意味で、「秋味」の価格設定は、マーケティング的に見ても正解ではないでしょうか。お味のほう、「秋味」は、さすが麦芽1.3本分で、アルコール分6%ということで、コクのあるイイお味でした。「極生」と正反対のポジショニングかと思いますが、私は、その両極端が飽きなくて長続きするかと思いました。それにして、CMに出演している高橋克美さんが、私よりも年下だったとは意外でした。では、また。

Posted by: バスーン♪ | September 03, 2004 at 07:20 PM

バスーン♪さん、お買い上げありがとうございます。
今や、発泡酒がスタンダードビールのポジションになってしまったので、所謂「ビール」は小バレ、プレミアムビールは高級品になってしまいました。
この要因が基本的には酒税の額で差がついているところが、空しいところです。
250円も出してビールが飲めるかいということですが、亭主のところの「まろやか酵母」のご経験が無ければ是非お試しください。活きた酵母が入った文字通りまろやかな味のビールで、工場から店頭まで牛乳などと同じように冷蔵でお届けしている商品です。それなりのインセンティブを感じていただけると思います。

Posted by: ビール飲みオヤジ | September 04, 2004 at 11:18 AM

バスーン♪です。
「まろやか酵母」
http://www.kirin.co.jp/brands/maroyaka/
ですが、これは以前いただいたことがありました。小生、もともと普通の「キリンビール」っていうのが、苦手だったんですよ。単に独特の「苦み」が苦手で。だけど、この「まろやか酵母」は、そのイメージを払拭してくれました。だから、この手のを飲みたいと思ったらこれにしてます。「チルド・ビール」っていうのも良いコンセプトですよね。

Posted by: バスーン♪ | September 04, 2004 at 11:45 AM

早速のレスポンスとご愛飲ありがとうございます。
キリンの独特の苦味、オヤジはまさにこれが好きなのでありますが、ここはもう嗜好の問題。そのためにも「うれしいを つぎつぎと」なのだと考えています。

Posted by: ビール飲みオヤジ | September 05, 2004 at 03:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/1341742

Listed below are links to weblogs that reference ビールは苦くなきゃ。:

« 改装オープン記念:アサヒスーパードライ | Main | ハイネケンがぶ飲み »