« 今だけの・・・。そして、少しホップのはなし。 | Main | ラガーブルーラベル »

November 11, 2004

チルドビールの鮮度は1日単位

ここのところ、電車でチルドビールの広告をよく見かける。
工場から店頭まで要冷蔵で、敢えて酵母を取り除いていないビールだ。

これまでのビールの歴史は、製品にする時にいかに酵母を完全に取り除くかに力をいれてきた。つまり、保存がきく状態にして、遠くまで運べる、保存ができるようにして多くの人がビールを飲めるようにしてきたのだ。

チルドビールは生きた酵母が入っているため、酵母の動きを鈍らせて、中味の変化をコントロールするために要冷蔵になっている。それでも賞味期限は60日。通常のビールが9ヶ月、約270日だからかなり短い。しかしそれ故に、工場から店頭までの温度変化の影響が最小限に抑えられ、新鮮なビールを楽しむことができる。亭主は酵母が入っているかどうかよりも、この鮮度を強くアピールしたいし、是非お試しいただきたいと思う。

現在、3品種売っているが、亭主のお薦めはラテスタウト、つまみは意外とチョコが合う。是非、寝る前のひととき、ゆったりと飲んで欲しい、そんなビールだ。
tirudo

|

« 今だけの・・・。そして、少しホップのはなし。 | Main | ラガーブルーラベル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/1936238

Listed below are links to weblogs that reference チルドビールの鮮度は1日単位:

« 今だけの・・・。そして、少しホップのはなし。 | Main | ラガーブルーラベル »