« チルドビールの鮮度は1日単位 | Main | ホントにやわらか・・・ »

November 15, 2004

ラガーブルーラベル

今日、久しぶりにラガーブルーラベルを飲んだ。何それ?と言われると寂しいが、レッキとしたキリンラガービールの兄弟ブランドである。

通常のラガーと比べて糖質50%オフ。最近、機能性発泡酒の支持が増えており、糖質70%オフの淡麗グリーンラベルが絶好調だが、このラガーブルーラベルは他社にはないビール版機能性商品だ。
発泡酒の特徴であるスッキリさに加え、なんとなく物足りなさが残るグリーンラベルと比較しても、このブルーラベルはさすがビール、しかもラガーブランドだけに手前味噌かもしれないが、大いに飲み応え感を楽しむことができる。
カロリ差も淡麗グリーンラベル105kcalに対して、ブルーラベルは119kcalと遜色ない。

しかし、家庭用市場は発泡酒全盛。いや、最近はそれより安いモドキ酒や、混ぜモノ酒が支持を集めているだけに業界唯一に近いユニークな存在であるブルーラベルも割高感があってお客様も手を伸ばしづらいのか、はたまたラガーブランドだけに「苦い」というイメージが先にたってしまうのか、スーパーではなかなか見かけなくなってしまった。
それでもお店で淡麗グリーンラベルを並べていると「ビールで同じようなのはないんかい?」という絶対ビール派の声を聞くことも少なくない。そんな時に自信をもってお薦めできる商品なのだ。
lagerbl

|

« チルドビールの鮮度は1日単位 | Main | ホントにやわらか・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/1973189

Listed below are links to weblogs that reference ラガーブルーラベル:

« チルドビールの鮮度は1日単位 | Main | ホントにやわらか・・・ »