« ホントにやわらか・・・ | Main | 牛タンとビール »

November 27, 2004

戦前の遺物

第3のビールに対する増税論議がされている。

今の酒税法の大枠は太平洋戦争前、昭和初期に作られた実はアンティークな法律であることをご存知だろうか?

ビールの税金が高いのは、戦前のビールが高級酒であったことに由来する。

要するに約70年間、この法律は世の中の変化の中で黙々と変わりもせずに税金を稼ぎ出してきたのである。70年前には発泡酒なんてものがビールと同じような旨さで出来る技術も発想も無かったし、ましてやエンドウマメでビール風味飲料を作ることなど考えていなかったことは間違いない。

まさにいたるところに綻びが目立ち、法律に則った企業努力を後追いで継接ぐにも限界が見えた。飲まれ方が同じであれば同じ酒と見なすという論理こそ、日本の酒文化を歪めていると亭主は考える。そもそもビール税が戦前の高級酒であった時に設定された税率のまま、大衆商品となっても高度経済成長の総需要の伸びで、そうした矛盾は目立たなかった。それが、バブルがはじけてついにその矛盾が露呈した。

ようやく根本的な見直しの意見も出ているようだが、まだまだ及び腰。金のなる木はそう簡単に手放せないと躊躇しているうちに、木が枯れてしまうかもしれない。

|

« ホントにやわらか・・・ | Main | 牛タンとビール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/2078794

Listed below are links to weblogs that reference 戦前の遺物:

« ホントにやわらか・・・ | Main | 牛タンとビール »