« 牛タンとビール | Main | 薄利多売から適利適売へ »

December 11, 2004

忘年会での驚き

季節は冬の前で行ったり来たりでまだまだ夏に未練があるのか、それでも月日は構わず流れ師走に入り、忘年会の季節になった。

亭主も昨晩今期一発目の忘年会があった。
予約したお店に行くと、なんとワイングラスが並んでいる。とはいえ、ビールが出てくるかと思いきや、なんといきなりスパークリングワインでのカンパイだ。

とりあえずビール派の亭主にとってはこれだけでも驚愕の出来事、ビール・発泡酒が思ったように売れないワケだ。その上、目の前に座った20代男性はその後も赤ワインを飲み続け、結局ビールは軽く口と着けただけだった。

時代は確実に変わっているのだ・・・が、亭主は一杯目のスパークリングワインを飲み干した後は、2次会まで通じて頑なにビールで通した。依怙地という無かれ、こういう飲み方をする人もいるということ。

|

« 牛タンとビール | Main | 薄利多売から適利適売へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/2236540

Listed below are links to weblogs that reference 忘年会での驚き:

« 牛タンとビール | Main | 薄利多売から適利適売へ »