« 年末と酒 | Main | ビール好き姐さんに感謝! »

January 01, 2005

いよいよオープン価格へ

 塵芥亭にお立ち寄りの皆様、あけましておめでとうございます。今年もボチボチやってまいりますので、ご贔屓のほど、よろしくお願いいたします。

 さて、2005年はビール・発泡酒のオープン価格制への移行になる。年末の新聞紙上でも「値上げ」と取り上げられていたが、これは「値上げ」でなく正しくは「値戻し」である。
 「戻す」ということは、今までが「過ぎていた」ということである。ここに業界の責任は当然あると亭主も思う。しかし、同じ過ちを繰り返してはならない。目先の売上に惑わされ利益乏しき商売をメーカーへのタカりで乗り越えようとする方々や、卸の見積もりを受け取り拒否する方々、これを機に競合の裏をかいて抜け駆けしようとする方々等も一部にはいるらしいが、ここで屈してはならない。
 店頭で実際にどのくらいの価格になるだろうか?酒が食品で初めてのオープン価格ではない、メーカー、卸、小売の商売を通じた将来への発展により、お客様の期待にキチっと応えていく基盤づくりなのだ。

|

« 年末と酒 | Main | ビール好き姐さんに感謝! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/2439907

Listed below are links to weblogs that reference いよいよオープン価格へ:

« 年末と酒 | Main | ビール好き姐さんに感謝! »