« いよいよ天王山 | Main | 「のどごし生」のコダワリ »

April 29, 2005

現場100回

天王山に向け、亭主も数少ないができる限り現場に出る機会を作っている。

新カテゴリが4社出揃いし、さぞ店頭はヒートアップしているかなと思うと、店頭の場所取り合戦に躍起になっているメーカーを尻目にお客様は普段どおりの買い物をしている。
勿論、「これこれ」と「のどごし生」を手にとって行かれるお客様もいれば、迷いもせずに「淡麗生」を2ケースもドドーンとカートに載せていかれるお客様もいる。明日も現場でお客様の様子を見ようと思っている。

POSや統計では見られない事実から、どれだけ次の施策の芽を掴みとるか。そうそう簡単に「当たり」にはめぐり合わないが、地道な活動の継続こそ勝負どころだ。
刑事ではないが「現場100回」。この世界でも言えること。

|

« いよいよ天王山 | Main | 「のどごし生」のコダワリ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/3908982

Listed below are links to weblogs that reference 現場100回:

« いよいよ天王山 | Main | 「のどごし生」のコダワリ »