« 先週の新聞記事を見て | Main | 天ぷらとビール »

July 16, 2005

キリンラガービールを若者に売り込む

塵芥亭にお立ち寄りいただいた方から、こんなお題をいただいた。
この夏、どうやってキリンラガービールを若者(亭主は20代と捉えているが)に売り込むか?
そりゃ、難しい御題ですわ。

ビール市場は、主に酒税差によって生じる価格差の低価格酒(発泡酒、新ジャンル)に特に家庭消費向けが影響を受けて、マイナス成長となっている。そして縮小する市場ではトップブランドに利があるのはマーケティングの常道なのだが、そのトップブランドですら前年割れを余儀なくされ、決して若者に支持されているとはいえないのだ。

価格に限らず、味覚においても逆風が吹く。
キリンラガーの目指すものは何杯飲んでも飲み飽きない味(ヴァイタートリンケン)であり、そこに爽快な苦味は必須なのだが、今の若者の味覚嗜好は苦味を否定的に捉えている。亭主がかねてから嘆いている「味覚の幼稚化」である。
居酒屋さんでも1杯目から甘いチューハイやカクテルを頼む若いお客様が間違いなく増えており、決して業務用市場とても楽観視はできない状況だ。

こんな環境下でキリンラガーに若者からの支持を集める策があったら、是非是非亭主の方が教えて欲しいと思ってしまう。弱気とご批判なさるな、これが偽らざる本音。
lager

|

« 先週の新聞記事を見て | Main | 天ぷらとビール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/5003001

Listed below are links to weblogs that reference キリンラガービールを若者に売り込む:

« 先週の新聞記事を見て | Main | 天ぷらとビール »