« 天ぷらとビール | Main | そろそろ気付いたら・・・ »

July 24, 2005

やっぱりビールは苦くなきゃ

先週広島に出張した折に、事務所の隣にあるキリンプラザキッチン1938で飲んだ『復刻ラガー明治』(キッチン1938オリジナル)の旨さに感激した。
1杯目が一番搾りだったので、まさにボディ感のある苦味が舌にグっとくるのがすぐに解った。ただ、その苦味が後に引かずにスっと消えて喉元を過ぎると爽快感がくる。決して苦味だけでなく、様々な味わいが複雑に入り混じっていて、とにもかくにも飲み飽きないヴァイタートリンケンなのである。

そりゃ亭主は社員だからそう言うのは当然だと言われるかもしれないが、とにかく飲んでみていただきたい。昨今、ビールカテゴリの二極化ということで新ジャンルの伸長と並行してハレの飲み物としてプレミアムビールが規模こそ小さいが堅調だという。これが実は不思議なことにK社以外は濃い、苦味があるビールばかり。K社とてマスコミがここにカテゴライズするチルドタイプのビールでは、まろやかな味の「まろやか酵母」と並んで比較的濃厚な「豊潤」の支持が多い。

考えてみれば、スッキリタイプはのどごしこそ良いが、やはり味に欠しいので飲み続けたいと思わない。味が単調な清涼飲料と同じだ。
しかし、この「苦いビール」の分野ならキ×ンラガーの歴史と技術は抜群だと亭主は自負している。ここのお店限定なので、「広島」に行かれた折には是非「広島焼」と「もみじ饅頭」、「カキ」に加えて『復刻ラガー明治』(キッチン1938オリジナル)もご賞味あれ。
勿論、広島に行かなくとも、クラシックラガーがまさにこの直系。昭和40年代の味はまだまだこの苦味の旨さを多くの人々が楽しんでいた時代だ。
classiclager

|

« 天ぷらとビール | Main | そろそろ気付いたら・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/5124127

Listed below are links to weblogs that reference やっぱりビールは苦くなきゃ:

« 天ぷらとビール | Main | そろそろ気付いたら・・・ »