« 続・寂しい終売商品 | Main | 15年目のうれしい秋 »

August 26, 2005

寂しい・・・

銀河高原ビールが業績不振で清算されるそうだ。地ビールブームの中で本格的酵母入りドイツビール、そしてチルド配送の先駆、店頭販売も自社社員が行なう商品価値訴求への拘りなど、大手ではなかなか真似のしにくい意欲的な取組みでなおかつ、6番目の大手を目指した意欲的な初期投資で参入したのだが、昨今のビール業界の税制の歪みに起因する部分大であるメイントレンドは、中身の拘りよりも価格、ビールもどきでも安くて味もそこそこなら売れるという流れになっており、本格高級ビール専業にはモロ逆風の中で所謂「撤退」ということになってしまった。
かつて亭主は改装前の「塵芥亭」で「銀河高原ビール」を取り上げ、特徴あるビールの出現は日本のビール文化にとっても、きっと良い影響をもたらすはずとエールを送った記憶がある。
ビール自体はOEM生産をしているグループ内の別会社が規模を大幅に縮小した上で存続するそうだ。逆風とはいえ、確実に値段ではなく、商品そのものの価値を求めるお客様がいらっしゃる。却って、小さな規模でコツコツ拘ることで希少価値が加わり、いつの日かまた会社復活!も可能性が無いワケではないだろう。志を失わず、銀河高原ビールを育て続けていって欲しいものだ。
gingacan

|

« 続・寂しい終売商品 | Main | 15年目のうれしい秋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/5644540

Listed below are links to weblogs that reference 寂しい・・・:

» 銀河高原ビール倒産 [つらつらロンドン]
銀河高原ビールが清算となりました。 皆さん、ご存知と思いますが、たぶん日本一有名な地ビールで、 たぶん地ビールで唯一ほぼ全国で買える(みのもんたがCMしてたし) ものだった思います。 それで、銀河高原ビールは、岩手の地ビールで東日本ハウス(盛岡市)が 銀河高原ビールという子会社を作りやってました。それでなぜか本社が東京。 12月に清算手続きに入るらしいんですけど、一度も黒字になった ことは無いんですね。�... [Read More]

Tracked on August 26, 2005 at 01:49 PM

« 続・寂しい終売商品 | Main | 15年目のうれしい秋 »