« 変化に乗るか、逆らうか、ただ嫌うか | Main | ほぼ一ヶ月ぶり »

November 13, 2005

競り合ってます。

産経には9月にキ×ンがア×ヒにビール系飲料の総出荷で肉薄したと記事が出ていたが、最終的な論調はキ×ンに厳しい見通しで締めていた。朝日は10月の急接近を報じており、亭主の記憶では毎日は10月中旬に単月ながら3年ぶりにキ×ンがア×ヒを逆転の可能性と報じていた。

事実として差が縮まってきている。その要因が世間で「第3のビール」と言われている新ジャンルの勢いの差にあることもウソではない。
ただ、ここで15ヶ月連続シュリンクしている発泡酒市場を見てみる。
これは何故か「第2のビール」とは言われないし、新ジャンルも「第2の発泡酒」とは言われないが、実はここでも両社のシュリンクの度合いに大きな差が生じていることは、流通段階では既に認識されていながら、意外とマスコミは触れずに全体的な発泡酒市場の退潮だけが強調されている。細かく言わずとも新ジャンルと同じようなトレンドがあることは読み取っていただけると思う。

産経が報じるように、本来のビールにおけるトップブランドは圧倒的にス××ード×イだから、ここ数年の傾向どおり年末に向けて本来のビールの需要が上がればキ×ンとア×ヒとの差は再び開くことは必至だが、確実に地合いに変化が起きている。
税制が変わると一見ビールが強いメーカーが有利のように言われているが、同じ価格帯の土俵でのタイマン型のマーケットでなくなっているだけに、ア×ヒがトップに立った時のようにシンプルにお客様が対抗軸で選択することにはならないと亭主は思っている。

まあ、税制そのものもまだ二転三転すると思うが・・・

|

« 変化に乗るか、逆らうか、ただ嫌うか | Main | ほぼ一ヶ月ぶり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/7081222

Listed below are links to weblogs that reference 競り合ってます。:

« 変化に乗るか、逆らうか、ただ嫌うか | Main | ほぼ一ヶ月ぶり »