« 事業計画発表 その3 | Main | 思いがけない逆転報道 »

January 21, 2006

社長交代の報

今週の月曜日に亭主の会社の社長交代内定の報が流れた。
たまたまPCでHPのニュースクリッピングを見ていて、見出しに「えっ?!」と驚いた。
自分の会社だからといっても、こんなもんなんだ。

日経ビジネスの最新号にも新社長の人柄を紹介するエピソードが載っているが、自分のこと、自社のことが新聞で記事になると、ホントに新聞はウソは書かないがホントのことも書かないということを感じさせられる。
さて、社長交代でトップマネジメントの顔ぶれはどの程度変わるのだろうか?
亭主には全く関係の無い次元だが、あれこれ詮索するのもまた小市民の楽しみでもある。

マスコミ記事には盛んに「首位奪還」の文字が躍るが、亭主はそんなに簡単なことではないと考えている。
お客様がそれを望むのかどうかが最大の鍵だ。5年前は間違いなくお客様がそれを望んだから亭主の会社は首位陥落となった。
最近、新年の会合の場で社外の方から「最近、お宅のところは元気だね。」と言っていただける。大変うれしいことだ。製品の勢いはメーカーにとって最も重要だが、それは営業活動のみならず、広告しかり、社会貢献活動しかり、企業活動全体の姿勢がお客様の厳しい目で観られた結果、企業、そしてその製品へのご支持として顕在化してくるものだと思っている。

競合も決して手をこまねいているわけではない。相対的にどれだけ多くのご支持を頂戴できるか、目先に捉われ過ぎず、やるべきことを地道にやっていくしかない。
毎度耳タコだろうが、ゴールデンウィークまでが勝負。

|

« 事業計画発表 その3 | Main | 思いがけない逆転報道 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/8259481

Listed below are links to weblogs that reference 社長交代の報:

« 事業計画発表 その3 | Main | 思いがけない逆転報道 »