« 11年かかりました。。。 | Main | 議員さんは多数決で終わりでしょうけど・・・ »

February 28, 2006

「円熟」売れてます

この時間帯になるとニフティもとてもブロードバンドとは思えない鈍い反応になる。
既に反応が破綻している某So-netほどではないが、最大需要を見越した先取りが相変わらずできずに後手に回っているのは、この業界がまだ需要に応えないことへの罪悪感やお客様を失うのではという危機感に捉われないでも総需要の伸びに追い付くのに精一杯状態という未熟さを感じる。間違いなく、次の段階ではそこが問われるであろうし、既にその準備で差が付きつつあるように感じる。
かつては亭主のいる会社も新商品を発売する度に、少し販売が好調だとすぐに需給バランスが崩れて出荷調整によってみすみす販売機会を逃していたが、最近は余程のことが無い限り調整は発生していない。

さて、亭主にとってもうれしいトピックスは、前回ご紹介した「円熟」がおかげさまでお客様のご支持を頂戴していること。ある程度の予感はあったが、実際には我々の予想を超えて「売れている」。
淡麗生、淡麗グリーンラベルにも多少影響は出ているが、既存のこの2つの商品とは明確にコンセプトも味覚も異なることがお客様にも認知いただいているからか、予想以上にその影響は小さい。

わざわざ「売れている」としたのも、亭主は今や営業のミッションは「売る」ことではなく「売れるようにする」ことだと考えているからだ。「円熟」はこの「売れるようにする」という点でとても上手くいった商品でもある。

「売る」のではなく「売れるようにする」理由はいたってシンプルで、総需要が伸びるマーケットではないからだ。いくら「売ろう」としても、既に既存商品で飽和状態のマーケットにおいては、力づくでスイッチさせられてしまうほど今の消費者は柔では無い。一方で既存商品に無い価値が認められれば、消費者は自らの判断でスイッチする。すると「売れるようになる」のである。
値段で惹いた客は値段で逃げる。値段ほど吸引力があっても求心力が無い要因は無い。だから「価格から価値」への転換が必要なのだ。

既存商品に無い価値とは・・・ここはマーケティングの領分だ。営業はどれだけ市場で飛び交っている消費者からの信号を価値の「素」として受け取れるかも問われている。この「素」が多ければ多いほどマーケティングの精度アップに貢献すると亭主は確信している。
まだ競合の一部では必死に「売る」ことに血道を上げている輩もいる。亭主にとってはラッキーなことだと思っている。

ともあれ、「円熟」のご愛飲に感謝!
enjuku

|

« 11年かかりました。。。 | Main | 議員さんは多数決で終わりでしょうけど・・・ »

Comments

どうもです!拝見させていただきました。早速『お気に入り』に入れましたよ。円熟がホント売れてますよね他のブログでも良いコメント多いです。街を歩いていると『円熟6缶パック』を持っている人を見かけるとちょっと嬉しい(^^)よくゴミを捨てに行くと今なんのビール等が売れているか家庭のゴミでわかります。(ちょっと主婦ぽいコメント)私もブログを立ち上げて数ヶ月やったりやらなかったりと・・・文章べたの私のブログを見てください。
http://e-shiawase34.cocolog-nifty.com/2005/

Posted by: こまっちゃん | March 01, 2006 at 06:55 AM

こまっちゃん、ご来店そして「お気に入り」へのご登録ありがとうございます。
飽きずにこんなこと続けてます。今後ともご贔屓に!

Posted by: ビール飲みオヤジ | March 02, 2006 at 12:39 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/8884839

Listed below are links to weblogs that reference 「円熟」売れてます:

« 11年かかりました。。。 | Main | 議員さんは多数決で終わりでしょうけど・・・ »