« 「円熟」売れてます | Main | 時の積み重ね »

March 12, 2006

議員さんは多数決で終わりでしょうけど・・・

偽メール問題で肝心な4点セットの追及がうやむやになったと言われるが、酒税法改正案についても未だに国会を正式に通過しないまま、実質5月1日からの改定を前提に業界では粛々と準備が進んでいる。

杓子定規に言えば、国会で可決していない限りはそれを前提に動くことはおかしなことなのだ。本来、業界としてはこの改正は反対なのだから。でも国会の現在の勢力分布では否決は全くあり得ないからこそ、可決前提で動かざるを得ないのだ。
議員さんは多数決をして決めてしまえば終わりかもしれないが、当事者にとってはそれに伴った膨大な事務作業があり、それが施行日に間に合わないなどという言い訳は法律上決まってしまえば許されることではない。

立法府としての責任と、役割遂行。
ホントに民主党だけでなくしっかりと本来の仕事をしてもらいたいものだ。運営費用の無駄遣いだけの話ではない。
法案通過に伴って実際に必要になる事務方の負荷は、当事者でないとなかなか解らないものである。きっと、酒類業界以外でもこういった国会審議の遅れから事務にしわ寄せがいっているケースがあちこちにあるのだろうと思ってしまう。

1本当たり4円弱増税となる新ジャンルに増税前の仮需が起こるのか、起こるとすればどの程度の規模が、何時くらいから起きるのか、また5月1日以降の店頭価格が実際に増税を反映したものになるのか、反映したとして何時価格が改定されるのか、まさに業界上げて?????状態で進んでいる今日この頃だ。

亭主とても答えを持ち合わせていないのは当然のことだが、この期に乗じた小手先の売り抜けは間違いなく後に禍根を残す。4月末で業界が無くなるわけではないのだ。
この業界はそれを何回も経験していながらも、まだまだ明日無き突貫小僧的戦いを好む人が点在している。
今回の改定にあたっては亭主の杞憂に終われば良いが・・・

|

« 「円熟」売れてます | Main | 時の積み重ね »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/9051761

Listed below are links to weblogs that reference 議員さんは多数決で終わりでしょうけど・・・:

« 「円熟」売れてます | Main | 時の積み重ね »