« 時の積み重ね | Main | 仮需予測の難しさ »

March 26, 2006

年初商談終盤

商売を男女関係に例える人がいた。
相手に好まれるように自分を磨く人、相手に媚びる人、金で解決する人等々なかなか上手い例えだと思う。
勿論、自分のスタンスをまずキチっと定めることは最低限必要なことである。自分の無い人、状況によってコロコロとスタンスが変わる人は所詮信頼されない。

相手に好かれていないことが判った時にどの選択肢をとるかは、その時の状況をどれだけ正しく把握できているかによると思う。決して金で解決することが一面的に間違っているとは決められない時もある。
しかし、自分を磨かなければいけない場面で、相手に媚びたり、金で解決しようとしたらこれは不幸なことである。相手との距離は一見狭まったように見えても、ますます離れていってしまう。
だから、相手が何を求めているのか、自らのスタンスでそれに応えるべきなのか否か、アンテナを常に鋭敏な状況にしておかなければいけない。
ここ5年ほどの間に亭主が学んだことである。

さて、亭主の職場で主要なお得意先様への年初のプレゼンテーションが終盤に差し掛かっている。
幸いなことに概ねお得意先様からは良いご評価を頂戴している。

何が良かったからご評価いただいたかをここで具体的にご披露することは残念ながらできないが、こういった男女関係にも似たWIN-WINのスタンスであることは今更ながら基本である。
全体があってこそ部分が存在し得る。そのために全体に対してどんな貢献ができるのか、相手に媚びず好まれるために自らの良さを磨き上げ、明確化して相手にお伝えすることに徹してきたつもりだ。

プレゼンはスタートラインであって、これから1年をかけた実践こそが問われるべき本質である。

時節柄の話題のつもりだったが、何か抽象的な言い回しになってしまった。悪しからず。

|

« 時の積み重ね | Main | 仮需予測の難しさ »

Comments

今は、内勤職ですが以前は、営業・企画・制作と何でもやっていた頃を思い出します。営業自体が初めてでしたので、どうやって展開していけばいいのか試行錯誤していた頃に、コーチングを受ける機会がありまして、だいぶ精神的にも楽になり営業成績も良くなりましたね。ほんとどうお客様に関わっていくか
いつも考えて行動していたなぁ~今は、営業の方々にとって私は、付加価値になっているかです。*いまも月に2・3回コーチング受けています・・・

Posted by: こまっちまっち | March 31, 2006 at 07:28 AM

いつもお世話になってます。掛け値なしでこまっちまっちさんのお仕事は、我々営業にとって付加価値になっていますよ。ありがとうございます。
でも競合も必死、お客様もある意味貪欲ですから、益々我々自身の価値を上げていかなければならないし、付加価値も大きくしていかなければなりませんね。今後ともよろしくっ!

Posted by: ビール飲みオヤジ | April 02, 2006 at 07:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/9266332

Listed below are links to weblogs that reference 年初商談終盤:

« 時の積み重ね | Main | 仮需予測の難しさ »