« 快調な出だしです・・・が、 | Main | 一つのビジョンの実現 »

April 26, 2006

本当に消費者の見方か?

某小売大手量販企業が酒税改正に伴って、新ジャンルの増税分をコスト削減で吸収し、販売価格は据置すると表明した。

いかにも消費者の味方をアピールする姿勢だが、本当に自らの肉を断つコスト削減なのかを見極める必要がある。要するに最終的にそのコストを誰が負担するのかが問題なのだ。

例えば、仕入れコスト削減、物流コスト削減と言えば聞こえはいいが、要するにバイイングパワーに物言わせて物流コストを納入業者へ転嫁したり、納価を引き下げさせることに繋がっているのが実態だ。こういった削減策そのものが量販企業の自助努力ではないと一概に否定はできないが、最終的にコスト削減分は小売が自ら負担するのではなく巧みに納入業者に転嫁されかねないことを指摘しておきたい。

酒税は徴税コストミニマムの原則から酒類メーカーが国へ納付しているが、そもそも飲酒する国民が負担すべき税金であって、酒の価格に内税として含まれているものである。ちなみに、これに消費税が二重課税になっていることは以前から再三吼えさせていただいている。
国民が支払った酒税は、小売から卸売、そしてメーカーへと代金の支払として商流を遡り、最後にメーカーが国へ税金を納付する。これが円滑に進むよう、途中で過当競争による倒産等による取りっぱぐれなどが発生しないよう、各段階が免許制によって規制されつつも一方で守られているのである。

ここで押さえるべきことは、酒税は決してまからないということだ。
特売になろうと、そこに内税として含まれている酒税金額は定価販売時と全く同額である。ということは、店頭における特売コストは税金以外の部分から賄われるワケで、流通段階が負担して実現している価格ということになる。

したがって、国税庁も4月4日に業界へ要請を出しているように、酒税増税分は適正に価格に反映して国民が負担すべきものであって、価格転嫁せずに据え置くことは税制に対する不遜な挑戦である。こういった本来の趣旨から外れたやり方は、どこかで不健全な皺寄せを生じさせるのだ。往々にしてそれは立場の弱いところに集中する。
こんな偽善に消費者は決して騙されてはいけない。

|

« 快調な出だしです・・・が、 | Main | 一つのビジョンの実現 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/9807622

Listed below are links to weblogs that reference 本当に消費者の見方か?:

« 快調な出だしです・・・が、 | Main | 一つのビジョンの実現 »