« 首位奪還報道に思う | Main | 本当に消費者の見方か? »

April 15, 2006

快調な出だしです・・・が、

おかげ様で先週発売した「一番搾り生 無濾過」が好調に売れている。

今日の産経新聞にワインも高級品が売れ出しているという記事が出ていたが、ビール系飲料についても酒税格差を利用した発泡酒、そして新ジャンル(第3のビール)と低価格化の大きな流れから、プレミアムビールにも目が向くようになってきて、構成比こそ低いが伸びているカテゴリである。
昨年の新ジャンル商品の大ヒットもあり依然価格軸が中心であることに変わりないが、一方でビール、発泡酒、新ジャンルの比率が昨年の6月頃からほとんど変わらないことにも現れているように、お客様が価格以外の要素を商品選択のキーとしていることは明らかである。

プレミアムビールと言えば、残念ながら亭主の会社の商品ではなく某社エ×スがトップブランドなのだが、こちらのプレミアム商品の特徴は濾過をしないビールを冷蔵のまま店頭までお届けしている、即ち従来であればビール工場内でしか飲むことができないビールをお客様が気軽に飲めるようにしたところにユニークさと価値がある。

さて好調さと裏腹に残念ことは、まだこのカテゴリの構成比が低いことや、商品特性上賞味期限が通常のビール系商品に比べてかなり短い60日のために商品管理が通常のビール系商品より難しいということもあって、販売ノウハウが小売に蓄積されていないことだ。
亭主も発売後2回目の週末を迎える昨夜、近所の某スーパーに行ったが先週に引き続き棚は空だった。
売れるから減るのだがここまで空の状態が長く続いては、お客様にもお店にも、そして我々メーカーサイドにとっても様々なチャンスロスを招いており不幸なことだ。

「売り時」は何もチラシ投入時だけではないはずなのだが、どうもこういった「売り時」への感覚が鈍いことが気にかかる。
オーバーストアと言われて久しいが、競合を意識する時にチラシ売価だけに血眼になるのではなく、今回のような「売り時」を逃さないことを徹底できるかによって、売上だけでなく利益面、もっと言えばお客様の信頼感にとっても貢献度が大きいはずなのだが。。。
Muroka_1

|

« 首位奪還報道に思う | Main | 本当に消費者の見方か? »

Comments

こんちは。無ろ過ビール、素晴らしいお味だと思います。
ところで、
http://www.kirin.co.jp/brands/greenlabel/

の右端の眼鏡の男の人が、仲本工事に見えてしかたありません。誰でしょ?

Posted by: バスーン♪ | April 20, 2006 at 10:19 PM

バスーン♪さん、うれしいご評価ありがとうございます。
アメリカのタレントさんくらいしか判りませんが、5人がド×フタ×ズをイメージしているのはご想像のとおりです。

Posted by: ビール飲みオヤジ | April 21, 2006 at 10:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/9600233

Listed below are links to weblogs that reference 快調な出だしです・・・が、:

» 一番搾り 無濾過(生) [清涼飲料水だけじゃないかもしれないリスト]
昔のラガーのような、肌理の細かい深い苦味のある泡。 ふくよかな麦芽の香りと仄かに感じる甘味。 この甘みは酵母かな? 素晴らしい味わいだと思う。 キリン一番搾り無濾過(チルドビール)330ml ... [Read More]

Tracked on April 22, 2006 at 10:24 AM

« 首位奪還報道に思う | Main | 本当に消費者の見方か? »