« 本当に消費者の見方か? | Main | 発泡酒近況 »

May 14, 2006

一つのビジョンの実現

某小売大手企業の価格据置宣言と、マスコミが2003年の発泡酒増税時に比べるとホントに静かだったこともあって、新ジャンルの仮需はあったとはいえ予測を下回った。
とはいえ、仮需はそもそも需要の前倒し。それが小さかった分、特に前半天気が良かったゴールデウィークもそれなりに売れていた。
実際に据え置いた増税分のコストを本当に据え置きする小売業は自らの肉を断って吸収するのか、早くもあるところでは卸業者へ納価の見直しを求めてきたと聞く。
こういう時こそ、国は「指導」にキッチリと動いて欲しいものだ。

さて、先週はキリンの来年7月からの持ち株会社への移行が発表された。
ま、亭主には直接何が関係するという話ではないが、対外発表と同時に社内でも発表されて文書が回ってきた時に、ちょっとした感慨を持った。
それは2×年前に入社した時に、多角化を目指していた会社として、いつか社名から「ビール」がとれるようになりたいと言われていたのを思い出したからだ。

その時とはイメージは異なるかもしれないが、現「キリンビール」が「キリンホールディングス(仮)」になって社名から「ビール」が取れる。勿論、事業会社としての「キリンビール」が新たに生まれることになるが、まさにビールだけでない複数事業の構成の企業グループとなる。
勿論これが決して到達点ではなく、来年7月以降もさらに大きな飛躍を目指すのだが、亭主にとって入社した時の一つの会社のビジョンの実現として良い節目としたいものだ。

|

« 本当に消費者の見方か? | Main | 発泡酒近況 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/10060326

Listed below are links to weblogs that reference 一つのビジョンの実現:

» 2006年ドイツワールドカップサッカー出場国ビールセット [必勝祈願に相手を飲み干してしまおう]
突然のTB申し訳ありません。ご迷惑でしたら削除をお願い致します。今年ドイツで行なわれますサッカーワールドカップに出場を決めました12カ国の代表ビールを詰め合わせたビールセットです。対戦相手同士で飲み比べるのもよし、必勝祈願に相手を飲み干してしまうのもよし是非テレビ観戦のお友にいかがでしょうか... [Read More]

Tracked on May 15, 2006 at 12:43 AM

« 本当に消費者の見方か? | Main | 発泡酒近況 »