« 上期の結果を素直に喜ぶ | Main | シュートっ! »

July 20, 2006

ご当地ビールなかなか

先月から今月にかけて競合社から発売されたビールを飲んだ。
プレミアムビールとご当地限定ビールである。
プレミアムビールは亭主のカウントが正しければ競合社はこれで家庭用では3ブランド目、さらに業務用で2ブランドあるので合計5ブランドだと思う。
まあ、お客様のシチュエーション、嗜好に合わせた品揃えの充実と言ってしまえばそれまでだが、おせっかいながら少し整理の必要を感じる。

さてプレミアムビールは深い青に金字の落ち着いたパッケージは今までの競合社らしくないプレミアム感あるパッケージだ。
お味の方は「ゆったり」という感覚を表現したかったのだろうか、亭主には苦味が頼りなくマッタリとした印象が強く残った。
競合社のおいしいビールの味に対する哲学と亭主の会社の哲学の違いだろうか、この違いは大いにあるべきと思うが、亭主には味わいが頼り無かった。

それに比べてご当地限定の方は、なかなか苦味もしっかりしてボディ感があり、亭主としてはプレミアムの方よりお好みでこちらの方が高い値段を払っても良いと感じた。
ご当地北海道に拘った味がこれだとすれば、亭主の会社の変わらないラガーにもまだまだチャンスはあるのではと思う。
亭主の味覚がスタンダードではないが、なかなか手強い、おいしいビールに仕上がっているとみた。

まあ、技術屋でもなく、味覚能力がさしてあるわけでもない飲んだ暮れオヤジの感想なので適当に戯言と聞き流してくだされ。

ちなみに、最後は自社のプレミアムビールで口直しをしたのは言うまでも無い。
PrimetimeKitasyokuBmtaru

|

« 上期の結果を素直に喜ぶ | Main | シュートっ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/11034764

Listed below are links to weblogs that reference ご当地ビールなかなか:

« 上期の結果を素直に喜ぶ | Main | シュートっ! »