« 酒類販売に関する新指針 | Main | 競合商品 »

October 22, 2006

対岸の火事ではない

今朝、タイでのアルコール規制の話題をテレビでやっていた。

国民一人当たりのアルコール消費量が世界第5位というタイでは、交通事故の40%が飲酒運転だそうだ。
そこでタイの暫定政権が、マス広告や街頭・店頭・チラシでの広告の禁止、店頭での商品陳列の禁止、販売時間の規制等の規制の方針を打ち出した。

当然、酒類関係者は反発をしているが、一般の市民は比較的冷静に受け止めている。
タバコも同じだが、どんな規制をしようと飲む人は飲むし、飲酒運転もこれによって劇的に減るとは思えない。

でも総需要は間違いなく減退するに違いない。

日本がタイのように一方的に通達ということにはならないと思うが、世界の流れは間違いなくタバコの次はアルコールの規制に向っている。
タカをくくって短視眼的な動きを続けていると、いきなり足元をさらわれるということになりかねない。
タイの規制は単なる対岸の火事ではない。

|

« 酒類販売に関する新指針 | Main | 競合商品 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/12372627

Listed below are links to weblogs that reference 対岸の火事ではない:

« 酒類販売に関する新指針 | Main | 競合商品 »