« December 2006 | Main | February 2007 »

January 25, 2007

ヴァイタートリンケン

技術屋の想いは時に独り善がりになりがちだが、これがお客様が求めるものの実現のベクトルと合うと、これほどパワーとなるものはない。

苦味の強いビールが若者に敬遠される中で、ビールはやはり苦味が無ければおいしいとは感じない。だけどその苦味が「苦い」と感じられてはダメで「旨さ」として認識されるために、技術屋の醸造魂の試行錯誤の末に今回ご提案するのが「隠し苦味」だ。

結局は亭主がかなり前から叫んでおり、HPトップにもある一節「ビールは味だ!」・・・これに尽きるのである。
ヴァイタートリンケン。ドイツ語で「何杯飲んでも飲み飽きない」、これが亭主のところの究極のビールの旨さなのだ。

ここ1~2年、確実に技術屋の想いとお客様が求めるものの距離が縮まってきている。
3月20日「キリン・ザ・ゴールド」、次の100年に向けた新たな提案が始まる。
Thegold


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2007

年間首位の結果

年間首位の見通しについて報道があった。
切り口によって見え方は異なると思うが、少なくとも従来の視点ではわずかに競合社に及ばずだった模様だ。

商売の神様は厳しい。
そう簡単に本気で微笑んではくれない。
まだまだ、「お客様本位」「価値営業の実践」が不十分、修業が足りんぞと言われているようだ。
有難いことだ。
3日天下に陥らないためにも、ココはじっくり足元を見直しながら、取り組み続けるしかない。

我々が本当に応えなければいけないニーズ、期待は、お買い上げいただき、実際に飲んでいただくお客様からのものしかないのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »