« February 2007 | Main | April 2007 »

March 29, 2007

競合ながら・・・

競合ながら結果が気になるサッポロHDの株主総会があった。
行使された議決権の3分の2超が経営陣提案の買収防衛策を支持したそうだ。
買収を提案したファンドが次にどんな手をうってくるのか、シロトの亭主には解らないが、極めて日本人的な意思を大多数の株主が示したということだろう。

今回提案された買収提案に限らず、企業価値を高めることが求められている。これは何もサッポロHDに限ったことではないが、企業価値を高めるために必要なことは何か、今の日本の酒類に限らず食品業界には大きな課題、ハードルだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2007

新商品攻勢

最近、サッポロ社の買収絡みのニュースを見かけなくなった。
この業界は12月決算で、ほとんどの会社が今月下旬に株主総会があることから、それが終わるまではどうにもこうにも結論めいた動きが取れないのだろう。

さて、ビール類はこの1~3月は例年各社の新商品攻勢の時期で、今年も例外ではない。

まず「やってみなはれ」の競合社は限定品やリニューアルを中心としながらも1月末、2月初めと手数を打ってきている。まいど発売初回に対する意欲的な量販企業への取り組みは大変なものがある。何しろ実弾がびゅんびゅん飛び交って・・・(おっとっと・・・)

今年が発売20周年を迎えるビール売上NO.1の競合社もリニューアル中心だが、昨年秋以降新商品攻勢が続いており、その影響(競合社の視点からは効果だろうが)は確かに出ている。
ちょっと前まで亭主のところのビールを飲んでいたタレントが競合社の新商品をおいしそうに飲んでいる。ま、タレントも商売だから、リスクもそれなりに計算しながら仕事を引き受けているんだろうが、ギョーカイ人としてはもう少し節操をなんて思ってしまう。

勿論、行く末が注目される競合社も負けじとお笑いタレントで明るく楽しく(ン?何処かと似たような・・・)新ジャンルの新商品を発売した。
あのプレミアムブランドも王道から水平展開へ、まさに強みを活かして何とか伸ばそうとする定石に忠実な一手だと感じる。

亭主のところでも2月に発泡酒の新商品、そして今月はチルドで新たな品種と一番搾り以来17年ぶりのビールの定番大型商品を投入する。何処からかビールの定番大型商品は2000年に一度オールモルトで意気込んで投入したがコケたんちゃうと突っ込まれると痛いところだが(笑)。

さてさて、毎年このギョーカイはゴールデンウィークまでにその年の勝敗がほぼ見えると言われ、各社が勝負をかけているが、果たして今年はどうなるか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »