« ビールの価格 | Main | 18年ぶりの価格改定 »

October 13, 2007

ビール離れは深刻

11日に第3四半期の酒類課税移出数量が発表され、ビール類は対前年比1.3%減と、この統計発表が始まった1992年以降で最低水準になった。

少子高齢化による飲酒人口の減少、健康志向から中高年層の飲酒量の減少、若者のビール離れ、道路交通法改正による飲酒運転罰則の強化による業務用需要の減少等々、いろいろな要因がその多少の差こそあれ絡み合っていることは間違いない。
これはビール類に限らず国内酒類全体という視点でも同じトレンドである。

そんな中でビール類の中でもビール、発泡酒から新ジャンルという低価格品への移行はまだ止まっていない。
縮小する市場で単価のより安いものへの移行は、市場の縮小を加速化することになる。
その上に業界内企業が自社の生き残りをかけて安いものをさらに安くしようという営業戦術をとれば、業界にとっては自殺行為とも言える。
残念ながら一部ではまだそういうことが起きているのがこの業界だ。

しかし、減少の諸要因でも業界自ら手を打てるところが全く無いワケではない。
その一つで若年層のビール離れに対する打ち手だ。
亭主のところではキリン・ザ・ゴールドが一つのチャレンジであり、来週発売のスパークリングホップもそれを大きな狙いの一つとしている。
果たして若者は振り向いてくれるか?

苦味を旨みと感じなくなった世代、酒の飲み方が良くも悪くも変わった世代、亭主世代にはなかなか理解しづらい世代の支持を得られるか、今後に向けた大切なチャレンジである。

|

« ビールの価格 | Main | 18年ぶりの価格改定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/16744908

Listed below are links to weblogs that reference ビール離れは深刻:

« ビールの価格 | Main | 18年ぶりの価格改定 »