« 価格改定状況 | Main | 価格改定 その後・・・ »

February 23, 2008

どっちがお客様のため?

まもなく亭主のところに続いて競合の価格改定の時期になる。
と言いながら亭主のところの商品の店頭価格の改定状況は上がっているところ、上がっていないところ、まだら模様だ。

小売企業にとってはビールに限った話でなく、ここのところの加工食品メーカーの値上げラッシュに、そのまま店頭価格に反映させるとお客様からの支持を一気に失いかねないと、バイイングパワーを楯に抵抗し、お客様には店頭価格の凍結宣言や上限宣言を盛んに訴えている。
某量販企業の某キーマンは言う「値上げについては、一切受けない。受けたとしても、一番最後に上げる。メーカーは努力不足、儲け過ぎだ。徹底的に闘わなければお客様が納得しない。」

しかし、方や某量販企業の某キーマンが言う「いまや、メーカーや卸にいちいち歯向かっている時代ではない。それよりもお客様のことを第一に考え、それにいかに対応するかが、最終的に自社の繁栄に繋がる」。この企業は改定前の買い溜めを積極的に推奨し、メーカーの改定時期にほぼ合わせる形で店頭価格を改定した。

さて、どっちがお客様のためのことを考えているのだろうか。
ジャッジを下せるのは、全てのコストの負担者である生活者であるお客様のみだ。

少なくとも、原材料費をはじめとしたコストが上がっているのは事実、企業にとっては安全・安心を踏まえながらのコストダウンの追求は当たり前の話、勿論民間企業としての利益確保は株主にとって絶対だ。
いろんなステークホルダーが絡む中で、最終的に出ている価格改定の話しだと亭主は考えている。

それだけに、どこかでムリをすれば、どこかにムリの結果が出てくる。それが結局、生活者のデメリットとなって噴出しないことを願いたい。

|

« 価格改定状況 | Main | 価格改定 その後・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/40224187

Listed below are links to weblogs that reference どっちがお客様のため?:

« 価格改定状況 | Main | 価格改定 その後・・・ »