« January 2009 | Main | April 2009 »

March 15, 2009

まだまだ続く・豆と麦

<「第三」のビール、データ開示巡り論争 アサヒの広告に反発>
日本経済新聞  http://www.nikkei.co.jp/ 2009年3月11日

 ビール大手5社でつくる「発泡酒の税制を考える会」は11日、第三のビールの課税済み出荷数量について、麦芽を使うものと使わないものの内訳を公表するのをやめた。アサヒビールが広告で、麦を使う「第三」で販売数量1位とうたい始めたのに対し、他の大手が反発し内訳の開示を拒んだため。業界で広告の表示基準を巡る論争が激しくなりそうだ。

 ビール業界では各分野ごとに「1位」を掲げられるという自主的なルールがあり、ビールはアサヒ、発泡酒と「第三」はキリンが「1位」をうたう。ただ第三のビールは酒税法上は2つの製法があり、麦を使わない「その他の醸造酒」と、使う「リキュール」に分類される。2008年にアサヒは第三全体ではシェア3位、リキュールに限れば首位だった。

 キリンビールなどは「消費者に誤解を与える」として内訳の開示を拒否している。「税制を考える会」も詳細を公表できなくなった。この状態が続けば、アサヒはいずれリキュールに限っても1位という根拠を失うことになる。

<亭主の独り言>
気がつけば1か月以上の開店休業状態だった。
この間も業界では激しく、厳しい業界内競争は繰り広げられていたが、今年は特に品格を疑うものが目に付くのは亭主のヒガミ根性なのか。

見かけだけでも消費者に認知させてしまえばこっちのものだとまさか考えてはいやしないだろうか。
なんだかんだ言っても、今や亭主のところではなく某競合社が業界のトップ企業である。
トップ企業がトップ企業らしく振る舞えなければ、業界自体の品格を問われると懸念するのは亭主だけとは到底思えない。

今度はコレだもんね。競合から意識していただくのは光栄だけど・・・
http://www.asahibeer.co.jp/cooldraft/

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | April 2009 »