« いつまで取り上げてもらえるのか | Main | 再来年は鬼も笑えない? »

October 31, 2009

工場再々編成

<キリン、ビール2工場閉鎖 サントリー統合に備え>
日本経済新聞 http://www.nikkei.co.jp/ 2009年10月26日

 キリンホールディングスは2012年までに国内のビール工場2カ所を閉鎖する。対象は石川・栃木県の工場で、主力のビール系飲料の生産能力を約1割削減。閉鎖は00年以来となり、交渉を進めているサントリーホールディングスとの経営統合をにらみ生産を効率化する。国内市場縮小に伴う設備過剰を解消、成長の軸足を海外に移す体制を整える。グローバル化を目指す内需型企業の生産再編が加速しそうだ。

 キリンHD傘下のキリンビールが持つビール系飲料の工場は11カ所。うち栃木県高根沢町と石川県白山市の両工場(稼働は1979年と93年)を12年末までに順次、操業停止する。数百人の従業員のうち正社員は主に配置転換する方針。閉鎖によりビール系飲料の国内の年産能力を230万キロリットル程度まで減らし、出荷量(08年で約227万キロリットル)とほぼ同じにする。

<亭主の独り言>
10年前に4工場を再編成して以来の再々編成。

時期が時期だけに施策が全て統合を睨んだと見たくなるのはマスコミの性からしてやむを得ないとは思うが、統合の有無に関わりなく、今の環境を考えれば残念なことだが工場の再編成は避けられないことだ。
何もキリンだけに限らない。国内酒類市場が縮小している状況では、競合他社も遅かれ早かれ直面する問題なのだ。

ただ、今回は比較的歴史の浅い工場が再編成の対象になったことは環境の激変ぶりの象徴ではないだろうか。
石川県の工場は思えば入社10年目に同期で大同期宴会旅行をした時に最新鋭の工場を見に行こうと訪れた工場でもあるのだ。
あれからわずか15年。亭主にとっては長いが、工場としてはあっという間だったに違いない。

|

« いつまで取り上げてもらえるのか | Main | 再来年は鬼も笑えない? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/46629353

Listed below are links to weblogs that reference 工場再々編成:

» ケノーベルからリンクのご案内(2009/11/01 10:40) [ケノーベル エージェント]
白山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [Read More]

Tracked on November 01, 2009 at 10:40 AM

« いつまで取り上げてもらえるのか | Main | 再来年は鬼も笑えない? »