« 復刻版ビール | Main | 工場再々編成 »

October 14, 2009

いつまで取り上げてもらえるのか

<キリン、3年ぶりシェア首位 1~9月、出荷量は最低>
河北新報 http://www.kahoku.co.jp/ 2009年10月13日

 ビール大手各社が13日発表した発泡酒と第三のビールを含むビール類の1~9月の出荷量によると、キリンビールが国内市場シェア37・9%で、トップとなった。2位のアサヒビールを0・6ポイント上回り、同期間としては3年ぶりにアサヒから首位を奪回した。
 年間ではアサヒが8年連続でトップを維持しており、忘年会や歳暮など冬場・年末商戦を控え、両社のシェア争いは一段と激しくなりそうだ。
 キリンは、人気商品「のどごし〈生〉」など低価格の第三のビールが前年同期比25・4%増と大幅に伸びた。景気低迷を受けた消費者の節約志向の高まりを背景に、第三のビールが全体をけん引した。
 ビールの比率が約7割を占めるアサヒは、主力商品「スーパードライ」などが苦戦。ビールは6・8%減となった。
 シェア3位はサントリー酒類で12・4%、4位はサッポロビールで11・5%と前年同期と同じ順位。オリオンビールは0・9%だった。
 1~9月の出荷量の合計は、全国的な大雨や低温など夏場の天候不順が大きく響き、前年同期比2・4%減の3億4525万ケース(1ケースは大瓶20本分)。1~9月としては1992年の統計開始以来最低で、5年連続のマイナスだった。
 種類別では、第三のビールが過去最高の29・4%と3割に迫る一方、ビールは49・9%と初めて5割を割り込んだ。

<亭主の独り言>
プロ野球じゃないが、解りやすい数社による最後まで首位争いのデッドヒートは格好のマスコミネタなのだろう。
いよいよ第4コーナーだから、最後はどちらが勝つか当事者も否応なしに意識せざるを得ない。

とはいえ、そもそもの問題は何も解決されたワケではない。
総量の減少に単価の減少がマーケットの縮小に拍車をかけている。

いつまでマスコミネタとして値打ちがあり続けるのか、これもまた気になるところだ。

|

« 復刻版ビール | Main | 工場再々編成 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/46478253

Listed below are links to weblogs that reference いつまで取り上げてもらえるのか:

» ☆★ マジ☆で・ぶっ飛ぶ・副収入!! L(・o・)」 ☆★ [幸せな小金持ち的ライフスタイル]
     PC1台で、もう 信じらんない〜!! 秘密のこづかい☆〔 ビックリ 〕収入?ヾ(*≧ω≦*)〃ひぇ〜 ☆★《  http://thanks777.sakura.ne.jp/dai-kichi/ 》☆★    ★☆ メッチャ 稼いでいます   ☆★        お金の悩みのない生活     将来に不安のない生活、、、って 最高!!... [Read More]

Tracked on October 14, 2009 at 09:42 AM

« 復刻版ビール | Main | 工場再々編成 »