« December 2009 | Main | February 2010 »

January 15, 2010

感謝

この報を聞いた時、目頭が熱くなった。

9年は長かったような、あっという間だったような。

ご愛飲いただいたお客様に本当に感謝。

これで一区切りついたが、既に今年の戦いが始まっている。もっともっとお客様にご支持いただけるように努力しないと。


<09年ビール類シェア、キリンが9年ぶりに首位奪還>
産経新聞  http://sankei.jp.msn.com/ 2010年1月15日

 キリンの首位奪回の原動力となった第3のビール売り場 ビール大手が15日発表した2009年のビール類(発泡酒、第3のビール含む)の課税出荷数量シェアは、キリンビールが前年比0・5ポイント増の37・7%となったのに対し、アサヒビールは0・3%減の37・5%で、キリンが0・2ポイント上回り、9年ぶりに首位を奪還した。

 今月8日に発表された卸売店などへの販売数量では、アサヒがキリンを20万ケース(1ケース=大瓶20本換算)上回り首位だった。しかし、正式なシェアの基準となる課税出荷では、キリンが1億7799万ケースで、アサヒの1億7719万ケースを80万ケース上回った。

 出荷で順位が入れ替わったのは、キリンが販売が好調な第3のビールについて、年末年始用に在庫を積み増したことが原因とみられる。

 キリンは、「のどごし<生>」など、第3のビールの出荷量が19・5%増の5688万ケースと好調で、消費者の節約志向を背景に市場が前年より2割増えた主戦場で、アサヒを圧倒したことが勝因となった。

 一方、アサヒも、第3のビールは29・7%増の3095万ケースと伸びたが、キリンに大差をつけられたほか、主力の「スーパードライ」などビールの出荷が6・4%減と不振だったことが響いた。

 3、4位争いは、サントリーがシェア12・3%(0・1ポイント減)に対し、サッポロビールは11・7%(0・1ポイント減)で、サントリーが0・6ポイント差で、2年連続で3位を守った。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 08, 2010

負けは負け

最終的には15日に判明します。
12月後半に猛烈に売り込んで巻き返した競合の粘りに敬意を表したいと思います。

負け惜しみは言いません。
でも、亭主は店頭の事実を知っています。30日夜まで店頭を回っていましたから。

----------------------------------------------
<09年のビール販売、アサヒがV9 キリンと20万ケースの“ハナ差”>
産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/ 2010年1月8日

 2009年のビール類(発泡酒、第3のビール含む)の販売実績で、アサヒビールがキリンビールを抑えて9年連続でトップを死守した。両社が8日発表した09年の販売実績は、アサヒが前年比2・5%減の1億7700万ケース(1ケース=大瓶20本換算)で、キリンは同1・9%減の1億7680万ケースで、わずか20万ケースだった。

 ビール類の正式なシェアは、工場から出荷した「課税出荷数量」をベースに算定する習慣になっており、今月15日に発表される。課税ベースでも、アサヒがキリンを抑え、トップになるかは、販売数量の差が極めて僅差のため、「当日まで分からない」(業界関係者)という。

 キリンは、強みを持つ第3のビールの好調などで昨年11月までは販売でアサヒを上回っていたもよう。業界でもキリンが首位を奪回するとの観測が出ていた。しかし、アサヒは、12月後半に主力のビール「スーパードライ」を猛烈に売り込んだことで、ハナ差でキリンをかわした。

 一方、両社が同日発表した10年のビール類の販売計画は、キリンが0・4%減の1億7610万ケースに対し、アサヒは0・6%減の1億7600万ケース。計画段階では、キリンがアサヒを10万ケース上回っている。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« December 2009 | Main | February 2010 »