« 負けは負け | Main | 今週はよく社名が登場した »

January 15, 2010

感謝

この報を聞いた時、目頭が熱くなった。

9年は長かったような、あっという間だったような。

ご愛飲いただいたお客様に本当に感謝。

これで一区切りついたが、既に今年の戦いが始まっている。もっともっとお客様にご支持いただけるように努力しないと。


<09年ビール類シェア、キリンが9年ぶりに首位奪還>
産経新聞  http://sankei.jp.msn.com/ 2010年1月15日

 キリンの首位奪回の原動力となった第3のビール売り場 ビール大手が15日発表した2009年のビール類(発泡酒、第3のビール含む)の課税出荷数量シェアは、キリンビールが前年比0・5ポイント増の37・7%となったのに対し、アサヒビールは0・3%減の37・5%で、キリンが0・2ポイント上回り、9年ぶりに首位を奪還した。

 今月8日に発表された卸売店などへの販売数量では、アサヒがキリンを20万ケース(1ケース=大瓶20本換算)上回り首位だった。しかし、正式なシェアの基準となる課税出荷では、キリンが1億7799万ケースで、アサヒの1億7719万ケースを80万ケース上回った。

 出荷で順位が入れ替わったのは、キリンが販売が好調な第3のビールについて、年末年始用に在庫を積み増したことが原因とみられる。

 キリンは、「のどごし<生>」など、第3のビールの出荷量が19・5%増の5688万ケースと好調で、消費者の節約志向を背景に市場が前年より2割増えた主戦場で、アサヒを圧倒したことが勝因となった。

 一方、アサヒも、第3のビールは29・7%増の3095万ケースと伸びたが、キリンに大差をつけられたほか、主力の「スーパードライ」などビールの出荷が6・4%減と不振だったことが響いた。

 3、4位争いは、サントリーがシェア12・3%(0・1ポイント減)に対し、サッポロビールは11・7%(0・1ポイント減)で、サントリーが0・6ポイント差で、2年連続で3位を守った。

|

« 負けは負け | Main | 今週はよく社名が登場した »

Comments

亭主様

残念な報道でしたね。
我々は、貴君たちの統合を脅威に感じていましたが、成功を心から信じていました。

また、4社の泥沼戦争かと思うと辟易しますが、フェアに戦いましょう。

Posted by: 競合会社の社員だよ | February 08, 2010 at 10:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/47310310

Listed below are links to weblogs that reference 感謝:

« 負けは負け | Main | 今週はよく社名が登場した »