« 消耗戦の行方 | Main | 続々・消耗戦の行方 »

September 28, 2010

続・消耗戦の行方

競合とはいえ、亭主にとっては身近に存在する工場だっただけに、極めて残念だと感じる。
確かに出荷先の振り分けをしたとしても関西に近接する大工場2つはこの時代には重かっただろう。

それだけ国内ビール市場は厳しさを増している。
シュリンクしつつ、外国から全く土俵の異なる安価な商品が入ってきており、デフレ感強いマーケットでは昨年までとは明らかに違った買われ方をしている。
その割に生産されているその国の国内でのビールの値段は決して安くないのだが・・・

<アサヒビール、西宮工場を閉鎖へ 来年8月、市場縮小で>
朝日新聞 http://www.asahi.com/ 2010年9月28日

 アサヒビールは28日、西日本で最大の生産能力を持つ西宮工場(兵庫県西宮市)を2011年8月末で閉鎖すると発表した。国内ビール市場が縮小し、生産能力が過剰になったため。工場閉鎖は02年の大森工場(東京都大田区)以来となる。生産機能は吹田工場(大阪府吹田市)に統合し、従業員約130人は配置転換する。

 西宮工場は1927年の操業開始で、敷地面積は約18万5千平方メートル。09年の年間生産量は約2730万ケース(1ケースは大びん20本換算)とアサヒ全体の約15%を占め、9カ所あるビール工場のうち茨城工場(茨城県守谷市)に次いで大きい。09年の国内9工場全体の稼働率は84%だが、西宮の閉鎖で97%程度まで上がる見通し。コスト削減効果も年約45億円を見込む。

 西宮市役所で記者会見した唐沢範行常務は「本来なら(吹田と)2工場をフル操業したいが、この夏の暑さでも市況は前年を超えなかった。収益改善の努力をしないと生き残れない」と、閉鎖の理由を述べた。西宮は来年の最盛期が終わる8月末で生産をやめ、約1年がかりで設備を撤去する。跡地については「活用法は未定」としているが、一部を売却するとみられる。

 ビール市場の縮小を受けて、ほかのビール大手も工場再編を進めている。キリンビールは北陸工場(石川県白山市)での生産を8月末に終え、栃木工場(栃木県高根沢町)も10月下旬に閉める。

|

« 消耗戦の行方 | Main | 続々・消耗戦の行方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/49590915

Listed below are links to weblogs that reference 続・消耗戦の行方:

« 消耗戦の行方 | Main | 続々・消耗戦の行方 »