« 続・震災の影響 | Main | ビールの女王 »

July 17, 2011

ビール離れに増税論議

震災の影響による出荷調整、確かにそれもある。
加えてそれを補うために流通のより安価な韓国産を中心とした輸入企画モノへのシフト。流通企業によっては企業内販売シェアの3割を超えるところも。

このような状況の下でそれを省いたシェア順位にどれだけニュース価値があるのか疑問だが、そんな状況だから1位かそうでないかの差は大きいとも言える。

そもそも総量で縮小傾向にあるのはずっと変わっていない。

最近とある大学生が実施したアンケートでビール嫌いが7割との数字だったと聞き、今更ながら愕然とした。
「苦味」は彼らは全く美味さとは認識していない。「苦味」はあくまでもゴーヤのように健康にプラスになるという担保がなければ受け入れないのだ。
今更ながら「苦味」は「良薬口に苦し」でしかないのか。
これがグルメの時代の味覚とは、亭主の世代としては到底受け入れられない。
味覚は間違いなく退化している。

じゃ、どういうビールなら飲めるのか?
結局、「苦味」ではなく「甘味」がたっていること、結局ビールのサイダー割りのようなものならという答え。
本当の美味さが廃れていく危機感に、やっぱり出てきた復興財源に酒税増税の議論。
せめて税収増だけを狙ってビール類に目をつけるのではなく、そもそもの酒類間の格差是正ぐらいはしっかりやって欲しいが、今の政権じゃねぇ。。。

<ビール類出荷:震災影響で上半期過去最低を更新>
毎日新聞 http://mainichi.jp/ 2011年7月12日

 ビール大手5社が12日に発表した11年上半期(1~6月)のビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)の出荷量は、前年同期比3.5%減の2億32万3000ケース(1ケースは大瓶20本換算)で、上半期としては2年連続で過去最低を更新した。国内市場の縮小傾向に加え、3月の東日本大震災による工場被災や計画停電で生産が減少したため。メーカー別シェアでは、アサヒビールが37.8%で上半期では2年連続で首位を守った。

 震災では、アサヒ、キリンビール、サッポロビールの東北、関東の工場が被災。計画停電や缶資材の供給不足などで3月に出荷量が10.9%減と大幅に落ち込んだのが響いた。構成比では、ビールが47.9%で上半期として過去最低を更新した一方、第3のビールは35.8%と過去最高。震災後の節約志向を反映したとみられる。

 メーカー別のシェアでは、2位がキリンで36.1%、3位がサントリー酒類で13.6%、4位はサッポロで11.6%だった。【谷多由】

<復興財源に酒税増税案、政府内で浮上>
読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/ 2011年7月12日

 東日本大震災の復興策の財源に、政府内で酒税の増税や携帯電話の「電波利用料」の引き上げ分を充てる案が浮上していることが11日、分かった。

 政府は週内にも関係閣僚会議を開いて臨時増税の議論を始める。10兆円を上回るとみられる復興財源の大半は所得税や法人税など「基幹税」の増税で賄う方向で、酒税や電波利用料は、これを補うものとなりそうだ。酒税は、ビールやワインなど酒の種類ごとに、量やアルコール度数に応じてメーカーや輸入業者に課税され、税金は小売価格に上乗せされている。財務省によると2010年度の税収は約1・4兆円で、うちビールが5割弱を占めて最も多い。

 電波利用料は、携帯電話の端末数や基地局数などに応じて、通信会社などが国に支払っている。総務省によると、09年度の利用料の総額は約643億円。

|

« 続・震災の影響 | Main | ビールの女王 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48904/52228510

Listed below are links to weblogs that reference ビール離れに増税論議:

« 続・震災の影響 | Main | ビールの女王 »